ABOUT 

好奇心とつながる
機会(きっかけ)や場をつくっています

総合的学習の時間が導入されたことで、学校の外と連携した学びの必要性が高まりました。代表の高秀が、編集や制作の仕事のネットワークを生かしたゲスト授業をコーディネートしたのをきっかけに、学校授業にかかわるようになりました。
当初はゲストをコーディネートしていましたが、その後は、先生方がもつ学習目標や年間計画、カリキュラムでめざすことを意識したテーマ型に移行していきます。キャリア教育や教科横断など新しいカテゴリーを中心にプログラムを構築。先生方と協働し、社会で活躍するプロとともに授業をデザインします。

また、学校だからこそできる学びや体験を肌で知ることができたことで、学校外ならではの創造活動をはじめるきっかけとなりました。
以前からアートやデザイン、アイデアを創発するワークショップを企画運営していましたが、2019年からは「発見を楽しむことからはじめる」探究体験「ぐるぐる探究隊」をスタート。ワクにとらわれない体験で好奇心を育てる場をつくっています。

《HISTORY》
・2001~2006 厚生省健康回復都市事業(伊東市小学校10校に向けたゲスト授業プロジェクト)に参画

・2006~2016 学校授業コーディネート→杉並区学校教育(地域教育)コーディネーター

・2011 「まなびの天才畑」チーム結成(2013年一般社団法人化)

・2014 学校と社会がリアルにつながる学習プロジェクト 「TEAM ABLE PROJECT」スタート

・2019 発見から始める探究体験 「ぐるぐる探究隊」スタート

ヒストリーまな天_edited.jpg

《団体概要》
団体名:一般社団法人まなびの天才畑

設立:2011年チーム結成 2013年一般社団法人化

所在地:東京都杉並区

連絡先:info.manaten@gmail.com

​代表紹介

高秀章子(たかひであきこ)
企画・制作ディレクター/探究ジェネレーター/キャリア教育コーディネーター

企業の採用広報、情報誌・雑誌編集、読者コミュニケーションとしてのイベントやワークショップ企画といった仕事に携わる。総合学習がスタートした2001年頃より、学校と社会をつなぐゲスト授業を実践するプロジェクトに参加。杉並区学校教育コーディネーター、学校運営協議会委員等を務める。学校現場での協働ノウハウと、仕事で培ったネットワークを生かした企画を実践。チームメンバーとともに学校内外でのプロジェクトを展開している。自らも学び手としての体験・研究を深めてみたくなり、好奇心の赴くテーマで大学のプログラムなどに中長期のスパンで参加を始める。現在は母校の武蔵野美術大学にて、表現教育、美術館、博物館の学びを中心に探究中。atelier Beyond LLC 代表

<主なプロジェクト>社会とつながる学習プログラム「TEAM ABLE PROJECT」、発見や創造を楽しむ探究体験「ぐるぐる探究隊」、スポーツ×ことば「スポーツ575」他。